panorama

つながりの器、その先へ 〜唐津・有田の6人の作家〜

つながりの器、その先へ 〜唐津・有田の6人の作家〜


文・構成:竹内典子 / Sep. 2016

1616年、有田で日本初の磁器が誕生してから、ちょうど400年を迎えました。唐津、有田にて、その歴史を新鮮なまなざしで見つめ直し、新たな器づくりに向き合う6人の作家がいます。梶原靖元さん、山本亮平さん、山本ゆきさん、竹花正弘さん、浜野まゆみさん、矢野直人さん。

6人はそれぞれ、心惹かれる古陶との出会いから、その魅力の源を知りたいと、古唐津、初期伊万里、古伊万里、さらに韓国、中国などの古い焼き物を研究しています。探究の目は、素材へと深まり、自分の手で原料づくりにも取り組んでいます。

常識にとらわれることなく、まっさらな目で物を見ていくと、新しい見え方ができたり、先人の足跡を見つけられたり。古の陶工たちが、もっとよい器をつくろうと、憧れや情熱をもって試行錯誤した様子も感じられるそうです。

時代を超えて、陶工たちの想いをつないでいく、そんな作家と器をご紹介します。

2016年、2017年は、各地のギャラリーで、グループ展が開かれます。
*出展作家やスケジュールなど、詳細は各ギャラリーにお問い合わせください。

2017.9
やまほん/京都URL / ☎075・741・8114
2017.5.18-29
夏至/長野URL / ☎026・237・2367
2017.2.10 - 2.14 ★終了しました
桃居/東京URL / ☎03・3797・4494
2016.9.23-10.2 ★終了しました
KANKEIMARULAB. /石巻URL / ☎0225・22・0151
2016.7.2-7.11 ★終了しました
sumica 栖/横浜URL / ☎045・641・1586

梶原靖元

「古唐津はすべてに謎」と思って、原料の土、灰、釉薬などすべての疑問を一つ一つ検証してからつくっています。たとえば、陶土の原料は砂岩だったと言われるけれど、本当にそうなのか。 なぜ釉薬に、長石のない唐津で長石を使うのか。名前の由来にしても、(まだら)唐津の「斑」って何だろうか。 本当に謎だらけなんです。誰かが藁灰を使って斑ができたといえば、多くの人はそれに倣ってつくって納得しているけれど、そもそも斑の釉薬原料は藁灰なのかもわからないですよね。 窯焚きだって、いまの窯焚きで正しいのかどうか。まず疑問をもって調べて、それを検証して、昔のやり方がわかるまでずっと写しを続けてきました。いまはだいたいのことは解明したと思っています。 » 続きを読む
梶原靖元
1962年
伊万里生まれ
1980年
有田工業高校デザイン科卒
1986年
唐津の太閤三ノ丸窯に弟子入
1989年
大丸北峰氏に師事、
煎茶道具を習う
1995年
唐津市和多田にて独立
1997年
佐里大谷にて穴窯築窯
2003年
韓国にて研修
2004年
韓国古窯跡視察
「古唐津研究会」発足
2005年
中国の地質巡検

山本亮平

泉山磁石場から車で数分のところに、自宅兼工房があります。昔から原料に恵まれた土地で、自宅の裏山には天神森窯、向かいの山には小物成窯という、有田の中で最も古い窯跡があり、ここは唐津焼をつくるなかで、初めて磁器が誕生した場所といわれています。 二つの歴史的な古窯に挟まれて暮らしている縁もあって、「初源伊万里(しょげんいまり)」と言われる、磁器誕生前後にスポットを当てて、うつわをつくっています。 ... 続きを読む(準備中です。近日公開予定。)
山本亮平
1972年
東京生まれ
1998年
多摩美術大学油絵科卒
2000年
佐賀県立有田窯業大学校短期終了
2007年
有田にて開窯

山本ゆき

有田窯業大学校で絵付けと轆轤を学んだ後、鍋島焼の絵付師を3年間していました。鍋島の絵柄はかっちりしていて、私の仕事は「()み」といわれる工程で、濃淡を塗り込んだりする色付け作業でした。 夫が独立した時は、自分が絵付けをするとは全く思っていなかったのに、気が付いたら、昔の器を見て、こういう模様を描いてほしいと言われるようになっていました(笑)。歴史ある土地に住む内に、私も古い物について考えることが多くなって、絵付けもそれまでとはとらえ方が変わりました。 ... 続きを読む(準備中です。近日公開予定。)
山本ゆき
1978年
長崎県生まれ
2000年
佐賀有田窯業大学短期修了
2016年
佐賀県有田町にて制作

竹花正弘

僕は古唐津を全般的につくっています。絵唐津、無地唐津、斑、朝鮮、黒、青、その他諸々。古唐津がつくられた時代というのは、わずか20~30年間しかないんですね。その古唐津とか古伊万里とか呼ばれているものの中にある魅力的なものをつくっていますが、それだけでもなくて、李朝寄りの粉引とか、だんだん唐津から外れて白磁とかつくっているので、産地や年代はいろいろですね。結局、自分が良いなと、こういうものを使いたいなと思うところにいっている感じです。 ... 続きを読む(準備中です。近日公開予定。)
1974年
東京生まれ
2000年
唐津のあや窯にて3年間修業
2003年
唐津市厳木町に割竹式登窯築窯
2004年
初窯焚き
竹花正弘
       

浜野まゆみ

初期伊万里の終わり、17世紀半ばから後半にかけて、中国の技術が入ってきた頃の物が好きです。特に1650年代辺りに、憧れている物があって、その魅力にときめきながら、自分らしい切り取り方で、白磁や絵付けの器をつくっています。 初期伊万里というのは、唐津焼の名残というような雰囲気の色合いがあったり、1640年代に色絵が始まったばかりで、まだ素朴な魅力があったりという時代。陶工の頑張って行くぞという意気込みや試行錯誤している苦労の様子がうかがえます。そこに私も共感しているのかなとも思います。 ... 続きを読む(準備中です。近日公開予定。)
浜野まゆみ
1974年
埼玉県川越生まれ
1998年
武蔵野美術大学日本画科卒
2000年
佐賀県立有田窯業大学校卒
伝統工芸士 秀島和海氏に師事
李荘窯 寺内信二氏に師事
2001年
川越にて開窯
2015年
有田に拠点を移し作陶
 

矢野直人

自宅と窯があるのは、豊臣秀吉が文禄・慶長の役で拠点とした名護屋城跡の近くです。海に面していて、400年前、眼下の入江に無数の船が集結、ここから朝鮮へ出兵したそうで、朝鮮から唐津に渡ってきた陶工たちが、降り立った場所でもあります。 その400年前からつくられてきた唐津焼が、どういうものかということを、自分なりに勉強しています。古窯跡を仲間と歩いて、残された陶片を手がかりにしたり、研究熱心な先輩方に話を聞いたり。古唐津やその前の朝鮮の焼きものを探求する中で、いまは唐津の砂岩を採取して、土や釉薬を自分でつくり、薪窯で焼いています。砂岩は採取する地層によって質や粒子に違いがあり、その特性をどう生かしてつくるかを考えます。黒唐津、朝鮮唐津、斑唐津、絵唐津、山瀬、皮鯨、刷毛目、粉引、李朝など、古唐津の流れにあるものを、日常のうつわを中心に、茶器も制作しています。 ... 続きを読む(準備中です。近日公開予定。)
矢野直人
1976年
唐津生まれ
1994年
アメリカに5年間留学
2002年
佐賀県立有田窯業大学校卒
2003年
佐賀県立有田窯業大学校嘱託講師
2004年
自宅、殿山窯にて作陶
2008年
韓国にて半年間作陶

唐津・有田の4人 梶原靖元 浜野まゆみ 矢野直人 山本亮平

唐津・有田の4人 梶原靖元 浜野まゆみ 矢野直人 山本亮平

2017/5/18(木)〜5/29(月)
@夏至/長野

open 11:00〜18:00
close tuesday + 5/17 wed. 5/31 wed.

唐津、そして有田は、静かな街でした。
暑い暑い真夏の日、私たちは海に囲まれた、
このやきものの街を訪ねました。
唐津城から玄界灘を眩しく臨み、有田では今も残る古窯を巡る。
唐津焼を使われている料理屋さんにて、
皆の盃を持ち寄り、料理とお酒に舌鼓。
やきものというものに、改めて魅了され、
熱心に身体で語る4人に、強く心を動かされた旅でした。

唐津、そして有田の陶磁器は、
手に収まりが好く、料理映えし、酒がついついと進み、
手に包み込まれる穏やかな品格があります。
陶工の洒落と探究心。
それは、この4人衆にも受け継がれているようです。

有田にて日本初の磁器が誕生し、401年。
旅でのやきものの体験と、4人の陶工の眼差しを、
皆様と共有できましたら幸いでございます。
 
夏至
〒380-0841
長野市大字長野大門町54 2F
tel / fax 026-237-2367
www.janis.or.jp/users/geshi/170518aritakaratsu.html

唐津四人展 梶原靖元 矢野直人 山本亮平 浜野まゆみ

唐津四人展
梶原靖元 矢野直人 山本亮平 浜野まゆみ

2017/2/10(金)〜2/14(火)
@桃居/西麻布

対州白土。この土、土のようで土にあらず。石のようで石にあらず、非常に堅し。ゲンノウを持って打ちくだき、陶土とす。出来上がった作品が、対州白土盃、です。
- 梶原靖元
 
昨晩から窯焚。焚きはじめには窯の湿気のなか白い目にしみる煙がでます。半日程はゆっくり温度を上げ煙もだんだんグレーなちょっとツンとした匂いがし、釉薬が溶け始める頃にはもくもくと黒い煙と炎が勢いよく出て懐かしい匂いがします。そろそろ一の間に移るかもう少し胴木間を続けるか悩みどころです。
- 矢野直人
 
初源の伊万里について考えると、陶器と磁器の区別などなくて、シンプルでいいものだなと思います。
- 山本亮平
 
有田町の古窯跡には、伊万里と共に唐津の陶片があります。唐津焼をつくった朝鮮陶工が白磁の原料をみつけて、古伊万里を焼いたといわれています。最近、ヤキモノがとても美しく感じます。
- 浜野まゆみ
 
桃居
03-3797-4494
東京都港区西麻布2-25-13
●地下鉄日比谷線六本木駅より徒歩10分
都バス西麻布バス停より徒歩2分
http://www.toukyo.com

展覧会を終えて

もう30年以上も前になりますが、やきものに興味を持ち始めたころ、なぜか古唐津や初期伊万里にこころ惹かれました。難しい理屈は分からなかったのですが、古唐津の寡黙な質朴さや、初期伊万里のもつなんともいえない初々しさ、可憐さにため息が出ました。
その後本を読んで、古唐津や初期伊万里が韓半島から渡って来た陶工たちの仕事であったことを知りました。かれらにとってはまったく未知の土地であった唐津や有田の山を巡ってなんとか良質の陶土や釉薬の材料を探そうとする物語は困難に満ちたものでした。
難しいミッションではあったと思いますが、同時にそれはこころ躍る冒険の旅であったかもしれません。
今回の「唐津四人展」に参加してくださったみなさんに感じたのは、400年以上も前に唐津や有田の山々を横断し縦走した朝鮮の陶工と同質の探究心と情熱でした。
「古唐津風」「初期伊万里風」をめざすのではなく、400年以上も前の陶工たちへの共感と共振が生み出す仕事にしばらく併走してみたいと思っています。

桃居 広瀬一郎

竹花正弘 浜野まゆみ 矢野直人 山本亮平 有田・唐津 四人展


写真提供:KANKEIMARULAB.

竹花正弘 浜野まゆみ 矢野直人 山本亮平
有田・唐津 四人展

2016/9/23(金)〜10/2(日)
@KANKEIMARULAB./石巻

有田で初めて磁器が生産されてから400年目の今年、現代における有田・唐津の精髄ともいえる作品が石巻に集まります。浜野さんは糸切成形、山本さんは初期伊万里、竹花さん、矢野さんは古唐津と、アプローチの仕方はそれぞれ異なるものの、4人に共通しているのは、400年前の原料、技術にできるだけ忠実であろうとする姿勢です。現代の器でありながら、自ずと古格が備わる洗練された作品を、会場で是非ご覧下さい。
 
KANKEIMARULAB.
カンケイマルラボ(イベント期間中のみ営業)
〒 986-0822 石巻市中央2-3-14
tel.0225-25-7081
10:00〜18:00 火曜定休
http://kankeimaru.com/

展覧会に寄せて

9月23日から開催中の「有田・唐津四人展」。
主に、古唐津、初期伊万里の作行を範とした、200アイテム、300点以上の作品を展示しています。
今回ご紹介する四人のテーマは、産地に秘められたポテンシャルを如何に引き出すか、ということ。
それぞれの作り手の着眼点と手法の探究に、単なる過去の技法の再現にはとどまらない、強い作家性が感じられます。
ルーツに遡ることで、現在の陶芸の水準を超えようとする若手作家の試みを是非ご覧ください。

観慶丸本店 須田マサキ

400年目のうつわ展

400年目のうつわ展

2016/7/2(土)〜7/11(月) ★終了しました
@sumica栖/横浜

1616年、江戸初期に有田で日本初の磁器の焼成に成功しました。400年の時が流れた2016年の今、古陶に魅せられ、研究し制作する同世代の3人の作家がいます。磁器完成前の古唐津、雑分の残る初期伊万里、染付の古伊万里へと三人の作家のうつわで一連の時代の流れを感じられる内容です。400年の歴史に学びながらも、3人の目を通して作られたうつわは、みずみずしく次の時代を感じさせるものです。次の400年へ、はじまりのうつわ是非ご覧ください。

浜野まゆみ 山本亮平 矢野直人

sumica栖
http://utsuwa-sumica.com/
〒231-0023 横浜市中区山下町90番1
ラ・コスタ横浜山下公園101号室
OPEN 11:00-19:00/TEL 045-641-1586
みなとみらい線・日本大通り駅 3番出口より徒歩3分
JR京浜東北根岸線・関内駅南口より徒歩10分

» tumblr exhibition photo
 

展覧会を終えて

作家もののうつわを普段の生活でも愉しんで使おう、という時代が続き、
自分自身も産地にこだわらず、うつわを見ていました。

そんな中で、さらに良いものを作るには歴史を紐解き、
原料から見つめ直そうとする若い世代がでてきたのは、とても新鮮でした。
それが、源流ともいえる唐津、有田だったのは、当然のことなのかもしれません。
他の産地でも同様の若い世代の気配を感じています。

次々に新しいものをという時代から、本質を見つめ直す時代になり、
それに気付いたお客様や、作家の方達まで見に来ていただけた展示でした。

ただ古典をなぞるのではなく、新しい世代が作ったうつわは、
次の時代を感じさせる新しいうつわだったと思います。

是非、たくさんの方にご覧いただけたらと思います。

sumica栖 栗栖 久