panorama

Kouzo TAKEUCHI

時間を感じさせるものをつくりたい

大阪芸術大学を卒業後、多治見市陶磁器意匠研究所に入った竹内さんは、産地で技術を深めた後に、兵庫県の自宅に工房を開設。白磁でオブジェと器をつくり続け、一方で時を刻む石のような陶器もつくり始めた。独自の表現を求めて、時には大胆に試行錯誤を重ねていく物づくりは、技術も生きていて清々しい。釉薬やテクスチャーのテストを繰り返し「やっと物になってきた」と、ますますのってきた様子である。
» 続きを読む...「Interview 竹内紘三」

Interview 時間を感じさせるものをつくりたいWorksProfile

Exhibition

All Items

現跡(化段)現跡(化段) Not For Sale 現跡(砂縞)現跡(砂縞) Not For Sale 今蹟(小窓)掛花今蹟(小窓)掛花 Sold Out 今蹟(荒灰)掛花今蹟(荒灰)掛花 Sold Out 今蹟(黒威)掛花今蹟(黒威)掛花 Sold Out 今蹟(鎮)今蹟(鎮) Sold Out 今蹟(角々)今蹟(角々) Sold Out 今蹟(紫拍)今蹟(紫拍) Sold Out 今蹟(塊)今蹟(塊) Not For Sale 掛花 棒掛花 棒 Sold Out 現跡(硫)掛花現跡(硫)掛花 Sold Out 現跡(才)現跡(才) Not For Sale 現跡(古枝)現跡(古枝) Sold Out