panorama

西浦裕太

Works
~景 Scene~
Interview
風景を描く彫刻
ExhibitionProfile

Exhibition

All Items

巨大なものの中に吸い込まれていくような山道は 一歩踏み出すたびに私を若返らせ豊かにした巨大なものの中に吸い込まれていくような山道は 一歩踏み出すたびに私を若返らせ豊かにした Sold Out 葉の取りこぼした光が音に変わって降り注ぎ  森という音楽になる という一節がある葉の取りこぼした光が音に変わって降り注ぎ 森という音楽になる という一節がある Sold Out かつて一度もその形を現したことのない頂きを 人は今日も夢想し続けるかつて一度もその形を現したことのない頂きを 人は今日も夢想し続ける Sold Out 新しい朝が平原を駆けのぼってくるその頃に 新しい色を連れた合奏団があらわれる新しい朝が平原を駆けのぼってくるその頃に 新しい色を連れた合奏団があらわれる Sold Out 永遠を見上げるようになってから 空は無数の物語を織り込んだ絵になった永遠を見上げるようになってから 空は無数の物語を織り込んだ絵になった Sold Out 濃紺の空にあいた無数の穴の中から一つ もっとも小さく力強い黄金色の穴を選んで覗いた濃紺の空にあいた無数の穴の中から一つ もっとも小さく力強い黄金色の穴を選んで覗いた Sold Out 黒い穴の反対側に山積みされたカラフルな季節は いつか降ってくるだろうか黒い穴の反対側に山積みされたカラフルな季節は いつか降ってくるだろうか Sold Out いつもと同じ赤空のいつもの帰り道で アンドレイは初めての気持ちを大事に抱えているいつもと同じ赤空のいつもの帰り道で アンドレイは初めての気持ちを大事に抱えている Sold Out うまれたばかりの森はまだ灰色で 木々や地面には無垢な柔らかさが残っているうまれたばかりの森はまだ灰色で 木々や地面には無垢な柔らかさが残っている Sold Out 砂色した八月の竜巻は僕に似ていた砂色した八月の竜巻は僕に似ていた Sold Out 空を指差して 水色だね と言っていたグランマを思い出して 少し笑っていたんです空を指差して 水色だね と言っていたグランマを思い出して 少し笑っていたんです Sold Out パチパチの橙色の季節 笑いのつくり方を知っていただく良いチャンスですパチパチの橙色の季節 笑いのつくり方を知っていただく良いチャンスです Sold Out 緑色の怪獣が隠した宝石は一つ残らず小さな喜びの囁きに変わった緑色の怪獣が隠した宝石は一つ残らず小さな喜びの囁きに変わった Sold Out 紫の朝が目の前に広がり 皆の顔がつぼみを開いた花のように輝いた紫の朝が目の前に広がり 皆の顔がつぼみを開いた花のように輝いた Sold Out 頭の奧へと吸い込まれていく景色の中で 山の頂に点々と残る白い光は 苦味を滲ませへばり付いている頭の奧へと吸い込まれていく景色の中で 山の頂に点々と残る白い光は 苦味を滲ませへばり付いている Sold Out ラウの想いをよそに 舳先は隙間に見える青に導かれていくラウの想いをよそに 舳先は隙間に見える青に導かれていく Sold Out 空を支える黄色の柱は そのうち僕の大切な樹をも吸い込むつもりらしい空を支える黄色の柱は そのうち僕の大切な樹をも吸い込むつもりらしい Sold Out