panorama

瀬沼健太郎 ガラスの仕事 - Kentaro SENUMA Glass works

花を生けるとき、どんなふうにしたら花は花らしくあるのだろう。
美しい姿を見せてあげたい、愛おしさをあらわしてみたい…
生ける人の思いはさまざまかもしれない。
瀬沼さんが大事にしているのは自然の中にある植物をよく見ること。
植物やその周りの環境を観察してみるとそれぞれの植物のありようが見えてきて自ずと花は入るのだとか。
野山で出会った植物も、道端に咲く雑草もどんな花も、生ける人の思いとつながっている。
「僕の器は使い手の美しい気持ちを受け止めます」
植物に寄り添う器は生ける側をやさしい心地にしてくれる。

コンポート ボトル
レンズ壺 水景
水景
ボトル ボトル
長頸壺 ボトル
ボトル
掛花
杯 花入
瓢 一文字
レンズ壺
長頸壺
短頸壺
片口 ボトル
花入
ヤク乳杯
水湧くところ スージャ
線の肌理(きめ)
ボトル
曽呂利(そろり)
花入 杯
掛花