panorama

「翁草は花を使いたい」。 花の後に見られる白髪の翁のような綿毛もよいけれど、 この花の魅力を知ってしまったから。 大きなガラスから削り出した花器に少し水を張って、 清らかな水たまりをつくる。 すると、泉の中から頭をもたげ、 いまにも花開こうとしているよう。

「翁草は花を使いたい」。 花の後に見られる白髪の翁のような綿毛もよいけれど、 この花の魅力を知ってしまったから。 大きなガラスから削り出した花器に少し水を張って、 清らかな水たまりをつくる。 すると、泉の中から頭をもたげ、 いまにも花開こうとしているよう。

「翁草は花を使いたい」。 花の後に見られる白髪の翁のような綿毛もよいけれど、 この花の魅力を知ってしまったから。 大きなガラスから削り出した花器に少し水を張って、 清らかな水たまりをつくる。 すると、泉の中から頭をもたげ、 いまにも花開こうとしているよう。

「翁草は花を使いたい」。 花の後に見られる白髪の翁のような綿毛もよいけれど、 この花の魅力を知ってしまったから。 大きなガラスから削り出した花器に少し水を張って、 清らかな水たまりをつくる。 すると、泉の中から頭をもたげ、 いまにも花開こうとしているよう。

枝を少し上に向かせて、ゆったりと扱う。 冬の間、縮こまっていた体を伸ばすように。 やがて舞い込んだ風が、 大きな花器の中を巡って、 花びらとともに吹き抜けて行く。

枝を少し上に向かせて、ゆったりと扱う。 冬の間、縮こまっていた体を伸ばすように。 やがて舞い込んだ風が、 大きな花器の中を巡って、 花びらとともに吹き抜けて行く。

枝を少し上に向かせて、ゆったりと扱う。 冬の間、縮こまっていた体を伸ばすように。 やがて舞い込んだ風が、 大きな花器の中を巡って、 花びらとともに吹き抜けて行く。

ヤク乳杯

「寒い土地に伝わる風習とか自然観に興味がある」。作品名の「ヤク」は高地に生息する大型動物のことで、そのイメージを重ねた大きな杯は、口径27センチ、高さ27センチもある。大胆に大きく生けたり、逆に杯の内部に小さく生けたりと、使い方の幅も広い。» 瀬沼健太郎の花とガラス 「移ろう季節の中で ー 早春編」

作家
瀬沼健太郎
作品名
ヤク乳杯
シリーズ
花器
仕様
宙吹き、カット
サイズ
φ270 × h270mm
制作年
2014
重さ
6.6kg
価格
Sold Out
在庫
0

about International Shopping If you wish to have the goods shipped overseas, do not use the shopping cart system.
Please apply from the following link : international shopping order form As soon as we confirm your order we will e-mail you acknowledging the details of your order.
The cost of delivery, packing fee, handling charge and payment method will also be displayed.

※サイズ、重さはおおよその値です。
※価格はすべて税込です。
※実際の商品の色や質感はご利用のモニター、またはOSやブラウザによって微妙に異なって見えることがございます。ご了承ください。